東海大学での学び

育成する人材像

 東海大学は、『若き日に汝の思想を培え、若き日に汝の体軀を養え、若き日に汝の智能 を磨け、若き日に汝の希望を星につなげ』という創立者の精神に基づき、明日の歴史を担う強い使命感と豊かな人間性をもった人材を育成します。

東海大学型リベラルアーツ教育

 建学以来、東海大学では「文理融合」の教育理念を推進してきました。その目的は現代社会で必要とされる現代教養教育を行うことにあります。つまり、「現代市民として身につけるべき教養」についての教育を目指しています。

PA型教育(パブリック・アチーブメント型教育)

 2018年度から導入されたパブリック・アチーブメント型教育(PA型教育)では、「4つの力」を身につけるために得た知識や技術を社会に生かすための基礎力を養い、大学生活全体を通して真に社会に貢献できる人材を育成していきます。

チャレンジセンター

 チャレンジセンターでは、直面した課題を乗り越えるための「4つの力」を育成するプロジェクト活動の実施などの教育プログラムを展開しています。

ものつくり館

準備中です。

副専攻制度

 本学では、主専攻以外の分野の体系的学修により、複眼的な思考能力を持った問題発見・解決型の人材の育成を目指し、それを「副専攻」として制度化しています。

キャンパス間留学制度

 学生が複数の分野について学び、視野を広げることを目的として、他学部・他学科の科目について履修できる自由度の高いカリキュラムを設定しています。そして、これは自分の在籍しているキャンパス以外のキャンパスについても同様です。

資格課程

 教員免許状、学芸員任用資格、司書任用資格、社会教育主事任用資格は、それぞれ所定の科目を修得することによって、卒業時に取得することができます。東海大学では、これら免許・資格の取得を目指す学生のために「課程資格教育センター」を設置して、免許・資格ごとに「教職課程」「学芸員課程」「司書課程」「社会教育主事課程」の4課程が、充実した教育で社会に役立つ人材を育成しています。