グローバル教育

日露ブリッジ人材育成

ライフケア分野における日露ブリッジ人材育成専用サイト

 東海大学は、教育により世界の安定と平和に貢献することを建学の理念とし、冷戦期から体制の異なるソビエト連邦(現ロシア連邦)や東欧諸国との交流を半世紀以上今日まで続けてきました。 又 、現在は「日露交流促進官民連絡会議」及び「日露大学学長会議」の発足当初からのメンバーとして積極的に関与し、特に柔道などを通じた日露首脳の政治対話の環境整備にも大きく貢献しています。
 本事業は、過去50年に亘る学生交流を柱としたロシアとの交流実績を最大限に活用し、日露間の関係深化と経済発展に資する人材の育成を目的としています。日本とロシアの両国に共通する社会問題であり、2016年12月の日露首脳間で合意された 経済協力項目に盛り込まれた「健康寿命の伸長」と「高いQOL(Quality of Life)を保つ健康長寿社会の創出」を担うライフケア人材を育成します。これは、日露間の経済協力項目にもある大学交流の具体化にもなっています。
 19学部75学科、医学部付属病院をキャンパス内に有する総合大学としての強みを活かし、本学は1970年代から、医学、健康、体育等の複合領域でライフケア人材の育成に取り組んできました。その経験と実績をもとに、2018年4月には「健康社会」で活躍する人材を育成する健康学部健康マネジメント学科を設置しました。本事業では、都市部との健康格差の課題が指摘される極東地域を主な対象に、日露双方向の学生交流を拡大し、産学連携による実務者研修(インターンシップ)を活用して両国の健康社会の推進を担う実務家を養成し、且つ 地域の経済発展に貢献する国際教育連携プログラムとして次の 4 つの教育活動を行います。

続きはこちらでご確認ください