一貫教育
~本学一貫教育の魅力~

本学の一貫教育

 中等部から高等学校、高等学校から大学・短期大学への進学は内部推薦による入学が可能で、19学部75学科・専攻・課程を擁する東海大学をはじめ、各自の進路に合わせた幅広い分野を学べます。
この一貫教育システムは、上級学年の学習を先取りすることを目的とせず、発達段階や学習の定着度を確認し、園児、児童、生徒に合わせた教育を実践します。

認定こども園 ~「遊び」を教育の中心に据え、幼児の体軀や心情を育みます~

 幼児教育における「遊び」は、幼児の健全な成長にとって非常に重要な手段です。一人ひとりの人格をありのままに観察しながら発達段階や欲求に応じて臨機応変に対応し、強靭で感性豊かな人となる土壌を育みます。自然との触れ合いを通して自然と協調する大切さを伝え、同時に自立を促しながら集団適応力の芽生えを援助します。

小学校 ~規則正しい生活習慣を通して、児童の個性や可能性を伸ばします~

 一人ひとりの個性や可能性を伸ばすとともに、他人を思いやる心を育てます。また規則正しい生活習慣を通して自立心を養います。教科教育においては、調査、実験、観察、考察等を通して社会や自然に興味を持たせ、児童自らが問題を発見し、取り組み、考え、解決する能力を育成します。正しい日本語を基盤とした国語教育を重視し、全教科で取り組みます

中等部 ~自ら考え行動できる知恵と創造性を育みます~

 知識偏重のつめ込み教育を避け、中学生としての基礎学力を高めながら、豊かな心と創造性の育成を図ります。団体活動を通して仲間との協調性や個人の責任感、忍耐力を養い、生命の尊さや人間関係の意義を学びます。個性を尊重しながら自ら進んで問題を発見し、解決していく力を持った人づくりを進めています。

高等学校 ~さまざまな活動を通して、豊かな人間性を総合的に培います~

 高校3年間は、自己開発が深化する時期です。受験のための勉強にとらわれず、文系と理系の分野をバランスよく配置した教育内容によって、生徒の自主性、知的好奇心、豊かな人間性、創造性を育みます。また、クラス活動や部活動、生徒会活動などのさまざまな体験を通して、総合的判断力や柔軟な思考力を自ら引き出せるように導きます。

高等教育機関 ~素質を高める「4つの力」を磨き、将来の可能性を大きく広げます~

 グローバル化が進み、価値観が多様化する現代では、時代の変化に合わせて積極的に社会を支え、かつ改善できる創造的な人材が求められています。東海大学ではこの求めに応じるために、知識や技術だけではなく、「自ら考え、集い、挑み、成し遂げる」ことができる力を育成しています。
 常に未来を見据え、自らが取り組むべき課題を探求する「自ら考える力」。多様な人々の力を結集する「集い力」。困難かつ大きな課題に勇気をもって挑戦する「挑み力」。そして、失敗や挫折を乗り越えて目標を実現していく「成し遂げ力」。この4つの力を培うために、本学では「東海大学型リベラルアーツ教育」を実践。高度な専門知識を身につけるだけでなく、専門知識を社会で役立てるために必要な教養を総合的に育成しています。
文理融合の教育理念のもとに特色あるカリキュラムが組まれ、さまざまなプログラムが設けられています。他学部他学科の授業が履修できる本学独自の「副専攻制度」や、在籍地区以外のキャンパス・施設に留学ができる「キャンパス間留学制度」等も導入。学びの選択肢は大きく広がっています。

【写真・イラスト:学校法人東海大学 初等中等教育機関総覧】